土地活用としての借地

増税が加速する日本では、近年、様々な節税対に注目が向けられています。
その節税対策のひとつとして「土地活用」という方法を紹介します。


土地活用とは、所有している土地で利用していない土地を活用し、経済的に利益を得るようにするというものです。
この土地活用には、いろいろな手段があります。
そのひとつに、土地に賃貸物件を建設し、賃貸収入を得るという方法です。
しかし、この方法では建設時に多額の借入金が必要になってしまうなどの様々なリスクや不安を多く抱えてしまいます。


このようなリスクや不安を軽減するための土地活用方法をという方には、「借地」という方法を一度検討してみませんか。
借地とは、言葉通りに第三者から土地を借りること、または貸すことを表します。
この借地を行うことで、土地を貸すだけで毎月の「地代」や、契約更新時の「更新料」を得ることができるのです。
土地を借りる側としても、第三者の土地を借り、その土地に自己所有の建物を建てることが出来るため、家を購入する際に借地権付きの住宅の方が安く済む場合が多いのです。


「借地」と聞くと土地を第三者より借りる、または貸すわけですからトラブルが多いのではないかという不安があると思います。
しかし、借地について法律上で「借地権」として細かく定められているため、トラブルを未然に防ぐことが出来るのです。


現在では、新たに法律が改正されたこともあり、旧法と新法が混在している状態です。
まずは、その新法と旧法の違いを知り、借地権についての知識を深めましょう。


▼特選サイト
借地権を売買する際に無料でアドバイスをしてくれるサイトです ⇒ 借地権 売買

Copyright © 2014 借地権のススメ All Rights Reserved.